イナヅマTVログ

Flash Builder 4, mx.controls.VideoDisplayは非推奨らしいけどWebcamはどうセットアップする?

| 0件のコメント

Flash Builder 4 ついに発売が2010-04-09。
60日間無償で使用できる体験版をダウンロードして使ってみましたよな独り言。

Flash Builder Beta 2のWebcamを使ったプロジェクトを読み込んで保存しようとすると、エラーが出てしまいました。

<mx:VideoDisplay> をコンポーネントの実装に解決できませんでした。


mx:VideoDisplayを使っているのがまずいらしい。

Flash Builder から s: の Spark コンポーネントが新しく開発されています。
Spark にも VideoDisplay があるけどattachCameraがないのでWebcamをどうすると使えるようにできるのか良くわからない。
Open Source Media Framework を使うらしいけどこれがまた良くわからない。。
で、mx:VideoDisplayを使っていたけど、怒られた。

だいたいさー、同じ名前のクラスを作っといてメソッドが無いってどういうことさ。
Webcamの説明はmx:VideoDisplayばっかりだし。

s:Application

xmlns:mx="library://ns.adobe.com/flex/halo"

xmlns:mx="library://ns.adobe.com/flex/mx"

にするとmx:VideoDisplayでも怒られないで済みました。

なんだかなぁー。

s:VideoDisplayを使う時はどうするのかなぁ、要研究。

非推奨ではないんだな。
http://help.adobe.com/ja_JP/AS3LCR/Flex_4.0/deprecated.html

Flex 4.0 以降では、このクラスの代わりとして spark.components.VideoPlayer クラスを使用することをお勧めします。

お勧めしてるだけだった。

コメントを残す

必須欄は * がついています