イナヅマTVログ

HydroTween API(非公式) – class HydroTween, Public Methods, go

| 0件のコメント

HydroTween API を自分のためにメモする – Public Methods, go。
Ver.0.5.1e rev43

Package : com.hydrotik.go
Class : public class HydroTween
Inheritance : HydroTween -> LinearGo -> GoItem -> PlayableBase -> flash.events.EventDispatcher
Implements : IRenderable

■ Public Methods
go : [static]

HydroTween.go(); でtweenを開始できるこの関数がライブラリ HydroTween を利用する理由の一つなのかも。
インスタンス単独または配列で複数指定できるのも魅力。
tweenプロパティの最終値を指定するだけで良いのも助かる。
プロパティ初期値は自動的に計算してくれる。
Filterなどの少々面倒くさいtweenも軽々と実行してくれる。

go(
 target:Object,
 propsTo:Object = null,
 duration:Number,
 delay:Number,
 easing:Function = null,
 closure:Function = null,
 update:Function = null,
 closureArgs:Array = null,
 updateArgs:Array = null,
 extraEasingParams:Array = null,
 repeater:Object = null,
 useRelative:Boolean = false,
 useRounding:Boolean = false,
 pulseInterval:Number = -1
):IPlayable

>>HydroTween CONSTRUCTOR と同じ

target: Object (default = null)
tweenターゲットインスタンス、単独(Sprite or Movieclip…)またはArray型(配列)
ターゲットを配列指定できるのが HydroTween.go の便利なところ。

Constructor だとターゲットインスタンスは一つしか指定できない。

HydroTwen.go();
で tween が開始する。

start();は不要。

引数 pulseInterval を関数内で使用する箇所が間違っているような・・・

line:418
old : HydroTween.PULSE
new : pulseInterval

戻り値は org.goasap.interfaces.IPlayable

usage

import org.goasap.interfaces.IPlayable;
import com.hydrotik.go.*;
 
var hyd:IPlayable = HydroTween.go(
 [target0,target1,target2,target3,target4,target5,target6,target7,target8,target9],
 {y:230,rotation:360},
 1.2,0,null,null,null,null,null,null,
 {cycles:0,reverse:true}
 );

stop, pause, resume

// stop
hyd.stop();
 
// pause
hyd.pause();
 
// resume
hyd.resume();

*GoASAP, HydroTween どちらも微妙に Bug を抱えている、それを承知で使わせていただく。
HydroTween は今でも「使える」けど発展途上な感がする、なんて書くとDonovanさんは気を悪くするかな。
なにより残念なのは GoASAP, HydroTween どちらもUpdate がしばらく無いこと。
2009年には「ド〜〜ンと」アップグレードしてくれることを期待!

質問はGo Mailing List

とっても困ったら GoList — Mailing list for the Go ActionScript Animation Platform で質問するとイイ、すぐに答えが返ってくるヨ(英語だけど)。

コメントを残す

必須欄は * がついています


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください