イナヅマTVログ

TextMate 2でCoffeeScript, CoffeeScriptBundle.tmbundleのインストールとPATH設定

| 0件のコメント

CoffeeScriptをTextMate 2で開発できるように設定するの巻き。

TextMate 2にCoffeeScriptBundle.tmbundleをインストール。

Text editor plugins
github wikiに様々なeditorのPlugin情報が記載されています。

TextMateようPlugin(bundle)はCoffeeScriptのjashkenas (Jeremy Ashkenas)さん謹製。
CoffeeScriptと同じくgithubにあります。
coffee-script-tmbundle

インストールはTextMate.appの中にするらしい。
README.markdownに詳しく書かれています。

cd /Applications/TextMate.app/Contents/SharedSupport/Bundles
git clone git://github.com/jashkenas/coffee-script-tmbundle CoffeeScriptBundle.tmbundle

■TextMate 2を起動。
Preference > Bundles
CoffeeScriptをチェック

■path設定
ターミナルでパスを確認

echo $PATH

パスが表示されるのでコピーしておく

TextMate 2にパス追加
Preference > Variables
[+]
Variable Name: PATH
Value: コピーしたパスをペースト

TextMateでCoffeeScript

modeをCoffeeScriptへ

arr = [1..3]
last = x for x in arr
console.log "last = #{last}"

command+r
last = 3

無事実行できた。
めでたしめでたし。

update 2012-04-16
CoffeeScriptBundle.tmbundleのインストール場所

TextMate.appパッケージの中でなくても良さそう。

mkdir -p ~/Library/Application\ Support/Avian/Bundles
cd ~/Library/Application\ Support/Avian/Bundles
git clone git://github.com/jashkenas/coffee-script-tmbundle CoffeeScriptBundle.tmbundle

ライブラリのApplication SupportフォルダにAvianフォルダを作る。
AvianフォルダにBundlesフォルダを作る。
このフォルダへgit cloneする。

ここでも認識できる様子。

コメントを残す

必須欄は * がついています