イナヅマTVログ

GoASAP, LinearGoのupdate関数をFixする

| 0件のコメント

HydroTween, HydroSequenceでLinearGoRepeaterを使った時のcycle後の最初の値がおかしいのを修正した。

GoASAPのユーザー側コアクラスはLinearGo。
このクラスをextendsして自分なりのクラスを作ってね、というのがGoASAPの考え方のようで、だからgoplaygroundが存在しHydroTweenやGo3Dが生まれたんだナ。

LinearGoのupdateがモーションデータを計算している関数、開始や折返時の条件判定がcycleの時を考慮していないので修正した。


--GoASAP 0.5.1c (c) Moses Gunesch, MIT Licensed.
org.goasap.items.LinearGo
function update
line 736
old:_position = (time==0 ? 0 : _currentEasing.apply(null, _easeParams));
new:_position = _currentEasing.apply(null, _easeParams);

*正式な情報ではありません。

cycle使用時にHydroTween, HydroSequenceがおかしかったのも修正できる。
一歩前進。副作用がでないか少し心配。
HydroTween, HydroSequence repeaterにバグ?のScript1はfixできた。

GoASAPのことはMoses Guneschさんのblog「Go」をご覧下さい。

コメントを残す

必須欄は * がついています


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください