イナヅマTVログ

Gulp 始めてみましたのメモ – 9 – ファイルへ作成日時を書き込みたい

| 0件のコメント

ファイルへ作成日時を書き込んでおくとイイかも、って思いついた話。

Gulp 始めてみましたのメモ – 1 – 導入からCompass
Gulp 始めてみましたのメモ – 2 – CSSをminify
Gulp 始めてみましたのメモ – 3 – JavaScriptをconcat, minify, source mapとYUIDoc
Gulp 始めてみましたのメモ – 4 – taskを順に実行
Gulp 始めてみましたのメモ – 5 – コピーと削除, ファイル・ディレクトリ
Gulp 始めてみましたのメモ – 6 – Globbing patterns, Glob options
Gulp 始めてみましたのメモ – 7 – Data URI, Base64 Encode
Gulp 始めてみましたのメモ – 8 – 設定ファイル
の続き。

ファイルの一部を rewrite する便利なプラグインがあったので使いました。

gulp-replace-task

gulp-replace-task

var gulp = require('gulp');
var replace = require('gulp-replace-task');
 
gulp.task('default', function () {
  gulp.src('src/index.html')
    .pipe(replace({
      patterns: [
        {
          match: 'foo',
          replacement: 'bar'
        }
      ]
    }))
    .pipe(gulp.dest('build'));
});

match へ「元」を指定し replacement で書換後を指定します。
match は正規表現も使えるようです。

@@

@@ を使うと簡単に書換できます。
example.js

/**
 * example.js
 * build: @@buildTime
 * */

gulp.task

gulp.task('default', function () {
  gulp.src('src/example.js')
    .pipe(replace({
      patterns: [
        {
          match: 'buildTime',
          replacement: new Date().toLocaleString()
        }
      ]
    }))
    .pipe(gulp.dest('build'));
});

version なんかを書き込むのにも使えます。

コメントを残す

必須欄は * がついています