イナヅマTVログ

Memo, [JavaScript] RequireJSで読みこむファイルのキャッシュ対策

| 0件のコメント

RequireJSて便利!
読み込みJSのロード管理を依存関係を維持しながらやってくれる。

しかもロードするJavaScriptファイルをキャッシュしリクエスト削減にも貢献してくれる様子。

でも、開発期間はこのキャッシュ機能がじゃま。
ファイルを更新しても読みこみファイルが変わらないので、すこぶるテストがしにくい。

絶対キャッシュさせない – 開発環境

RequireJS API
http://requirejs.org/docs/api.html#config-urlArgs

configに下記のスクリプトを追加すると、キャッシュはされないと書いてある。

urlArgs: "bust=" +  (new Date()).getTime()

パラメタにタイムスタンプ付与する王道ですね。

During development it can be useful to use this, however be sure to remove it before deploying your code.

とのことなので、リリースする時は忘れずに削除しましょうね。

ファイルのアップデートをしたい – 運用環境

運用中のサイトのファイルを手直ししたい時はどうする?

Stackoverflow: Prevent RequireJS from Caching Required Scripts
RequireJS API: http://requirejs.org/docs/api.html#config

require.config({
    urlArgs: "bust=v2"
});

バージョンナンバーを付与する方法が紹介されていました。
これ使えば、変更した時にバージョンナンバーをアップデートすれば良いのね。

*特定のファイルだけアップデートとかできないのかしら。
教えてエロイ人。

コメントを残す