イナヅマTVログ

JavaScript 1.6, Array.indexOfを下位互換実装する

| 1件のコメント

JavaScript 1.6から追加されたArrayのindexOf。
配列の中に要素が存在するかを調べる関数です。
見つからない時は -1 を返します。
見つかるとその要素の添え字を返します。

配列の中を走査するのに大変便利です。
しかし実装していないブラウザも存在するため、下位実装を担保して使わないとエラーになってしまいます。

MDNに解決策がありました。
Array indexOf method
判定の所を変えただけで中のコードはそのまま使用しています。

if (typeof Array.prototype.indexOf !== "function") {
    // from MDN
    Array.prototype.indexOf = function (searchElement /*, fromIndex */ ) {
        "use strict";
        if (this == null) {
            throw new TypeError();
        }
        var t = Object(this);
        var len = t.length >>> 0;
        if (len === 0) {
            return -1;
        }
        var n = 0;
        if (arguments.length > 1) {
            n = Number(arguments[1]);
            if (n != n) { // shortcut for verifying if it's NaN
                n = 0;
            } else if (n != 0 && n != Infinity && n != -Infinity) {
                n = (n > 0 || -1) * Math.floor(Math.abs(n));
            }
        }
        if (n >= len) {
            return -1;
        }
        var k = n >= 0 ? n : Math.max(len - Math.abs(n), 0);
        for (; k < len; k++) {
            if (k in t && t[k] === searchElement) {
                return k;
            }
        }
        return -1;
    };
}

1件のコメント

  1. ピンバック: 超個人的メモ, JavaScript関連の投稿リンクをまとめておく « イナヅマTVログ

コメントを残す

必須欄は * がついています