イナヅマTVログ

デベロッパー登録を更新し2台目のMacにiOS開発環境をセットアップするためのメモ

| 6件のコメント

自分用のメモです。
2台目のMacにもiOS開発環境をセットアップするための覚え書き。

Apple Developer Program Activation Codeを購入し登録を更新しました。

1台目のMacの証明書を更新

キーチェーンアクセス
・証明書アシスタント > 認証局に証明書を要求…
・デベロッパー登録時のメールアドレス入力
・ディスクに保存
・鍵ペア情報を指定(鍵のサイズ:2048ビット, アルゴリズム:RSA)
CertificateSigningRequest.certSigningRequestをディスクに保存。

iOS Provisioning Portal > Certificates
証明書をRevoke
“Request Certificate”をクリックしCertificateSigningRequest.certSigningRequestを選択し”submit”

Pending Issuance > リロードするとDownloadボタンがアクティブに

ProvisioningのModify(更新)を念のため実行

Download, click here to download nowをそれぞれクリック
ios_development.cer
AppleWWDRCA.cer
2ファイルダウンロードしダブルクリック -> キーチェーンアクセスに登録

キーチェーンアクセス
期限切れ証明書と無効になった鍵を削除

表示 > 有効期限の切れた証明書を表示
証明書
期限切れ証明書には赤いXアイコンが付くので選択して[delete]


秘密鍵で名前の横に三角形が付いていないのは無効になっているので削除

Xcode > Organizer(command + shift + 2)
Devicesを選択
左タブ: Library下のProvisioning Profile選択
右下: “Refresh”クリック

黄色い三角形アイコンが付いたProvisioningは無効なので選択して削除

*目的のProvisioningに黄色のアイコンが付いている時は証明書(Certificates)とProvisioningの関係がまずい(?)みたいなので再度キーチェーンの証明書と鍵を削除してダウンロード->インストールする

*解決しない時はPortalでCertificateをRevokeし再度リクエストし証明書を作りなおす
*RevokeするとProvisioningの設定からチェックが外れてしまうので再度確認(Edit -> Modify -> submit)

2台目のMaに開発環境を構築

■1台目のMac
キーチェーンアクセス
iPhone Developer, iPhone Distributionそれぞれの三角形をクリック

.p12ファイルを書き出す
表示されたファイルを右クリック > XXXを書き出す

パスワードを入力しファイルを保存。
(DeveloperとDistributionの2ファイルを保存)

■2台目のMac
キーチェーンアクセス
表示 > 有効期限の切れた証明書を表示

有効期限の切れた証明書と無効な鍵を削除

書き出した.p12ファイルをそれぞれダブルクリックしキーチェーンへ

以上が手順

2台目のMacでプロジェクトBuild時にエラー

Code Sign Error!

Code Sign error: Certificate identity ‘iPhone Developer: ‘ appears more than once in the keychain. The codesign tool requires there only be one.

Code Sign error: Certificate identity ‘iPhone Distribution: ‘ appears more than once in the keychain. The codesign tool requires there only be one.

手順は間違ってないように思うけど証明書が正しくないみたい。

再度、上記手順を実行し、何度目かにやっとBuildできた。
なので、何が正しくて何が間違っていたかが定かでない。

1台目、2台目のキーチェーンアクセスに有効期限の切れた証明書と無効な鍵が存在するのがまずい様子。
完全にCleanな状態にすることが大切、な気がする。
*Helpにも書いてあった、Cleanにしないとだめだよって。

おまけ

2台目に開発環境をセットアップする別の方法

■1台目
Xcode > Organizer
Devices + TEAMS
下の”Export”で.developerprofileを書き出す。

■2台目
Xcode > Organizer
Devices + TEAMS
下の”Import”で.developerprofileを読込む。

でもいけるらしいんだけど…

これは、なんかうまく行かなかった。

毎回このセットアップで1日使ってしまう、次回こそサクッと終わらせるためにメモしとく。

Update 2012-06-26
メモなんだけど、頭の悪い子そのもの。
家庭教師について教えをこいたい。

6件のコメント

  1. 同じ問題でハマっていたのですが、↑の方法でうまくいきました。
    ありがとうございます。
    一応こちらの手順です:
    1. キーチェーンアクセスから追加した証明書を削除
    2. さらに有効期限の切れた証明書(ブラウザーが追加したらしきものも)と鍵を全て削除
    3. .p12 をダブルクリックで証明書を追加
    4. Orgenizer を開いて TEAMS > を Click して右下の Refresh を Click
    5. ビルド + iPhone へ転送

  2. こんなメモでもお役に立ててよかったです。
    手順参考にさせていただきます。

  3. いろいろ参考になりました。
    教えていただきたいことがあるのですが。
    私の場合、2台目のMacのことではなく、間違えた証明書の削除方法のことについてです。
    キーチェンアクセスの証明書のところで、一番最初に登録したiphone Developmentとiphone Distributionで証明書を登録したのですが、その証明書に間違いがあり、修正した証明書を登録する祭、一番最初に登録した証明書をDeleteで削除しました。その後、修正した証明書を登録しました。しかし、キーチェンアクセスを一度閉じて再度開いてみると削除したはずの最初の証明書が復活しており証明書が最初のものと修正したものの2つになりました。そのため、再度、一番最初の証明書をDeleteで削除し、オーガナイザーの画面のRefreshをしてみたのですが、一番最初の証明書は削除出来ていませんでした。証明書の削除の方法をご存知でしたら教えていただけませんか。

    以上

  4. 状況を把握できていないかもですが、
    Provisioning PortalでRevokeしキーチェーンで証明書を削除。
    iPhone, iPadのプロファイルを削除。
    いったん空にして再度正しい証明書を登録してみてはいかがでしょう。

  5. ありがとうございます!
    まさにこの問題で1日悩んでいました><
    これを見せていただき、すんなり解決しました。
    本当にありがとうございます。

  6. 初めまして!アプリ開発について検索していてこのブログにたどり着きました!とっても参考になりました。これからもアプリ開発&ブログがんばってください。また遊びに来ます!

コメントを残す

必須欄は * がついています