イナヅマTVログ

OS X 10.7.3 (Lion)のBoot CampへWindows XPをインストール

| 1件のコメント

OS X LionのBoot CampへWindows XPをインストール。
LionからBoot CampはWindows 7以上しかサポートしなくなりました。
それでもWindows XPをインストールしたいったらしたいの巻。

Google大先生にお聞きするとLionのBoot CampにもXPはインストールできると先人の知恵を教えてもらえるのですが、ネット上の情報と現バージョン(10.7.3)では状況が違うみたいで同じように作業できませんでした。

・OS X 10.7.3(Lion)ではBoot Campパーティションだけ作るメニューが”Boot Camp Assistant”には存在しない。
・パーティションを作るにはWindows 7のインストール・ディスクを要求される。

それでもLion Boot CampへWindows XPはインストールできる

条件付き

【用意するもの】
・2010以前のMac
・OS X 10.6(Snow Leopard)のインストール・ディスク
・Windows 7インストール・ディスク
・Windows XP SP2以降のインストール・ディスク

*2011以降 Mac ではWindows XPのドライバが無いため安定して使えないようです。
update 2013-02-02
Twitterで2011以降 MacでもSP2インストールし使用できるとコメントいただきました。(未確認)
— updateここまで —
*Boot CampはSP2以降のWindows XPでないと起動ディスクとして認識できないためインストールできません。

【手順】
1.Windows 7インストール・ディスクをドライブに挿入
2.ユーティリティ > Boot Camp Assistant 起動
3.”Windows 7 をインストール”だけにチェックし「続ける」
4.パーティション・サイズを設定し「インストール」
*パーティション作成が始まります
*パーティション作成には時間がかかります
*再起動 > Windows 7インストール・ディスクから起動
5.起動後、”Windowsのインストール”ウインドウ右上の「x」をクリックし閉じる
*言語、キーボード選択が表示されています
*警告が表示されます。
*「…Winodwsのインストールを取り消しますか?」
6.「はい(Y)」をクリック > シャットダウン
7.optionキーを押し続ける
8.起動ディスク選択画面が出たら、ディスク排出ボタンを押しWindows 7ディスクを取出す
9.排出されたらWindows XP SP2ディスクを挿入
10.起動ディスク選択画面で”Windows”を選択
*ディスクから起動
*Windows XPのインストール作業が始まります
11.BOOTCAMPへインストール選択
*1時間ほどでインストールが終了
12.Windows XP起動後OS X 10.6(Snow Leopard)のインストール・ディスク挿入
*ドライバ類のインストールが自動で始まる
*Windowsの新規デバイスが見つかった > ウィザード開始は全てキャンセルして構わない

Windows 7のディスクが必須になっちゃいました。
無くてもインストールできる方法があれば教えて欲しい。

Windows XP SP 1のディスクしか無い人はココとか参考にするとSP 2のディスクが作れるよ。

1件のコメント

  1. ピンバック: Mac OS X 10.7以降の環境でBootCampを用いてWindows XPをインストールする | たまちゃん

コメントを残す