イナヅマTVログ

Flashの未来, Flash Player 10.3 登場

| 0件のコメント

Flash Player 10.3 がリリースされました。
細かなバージョンは 10.3.181.14 になります。

Flash Player 10.3 Release Notes
http://kb2.adobe.com/cps/901/cpsid_90194.html

今回のアップデートで気になるところをRelease Noteからひろいだしてみました。

IE 7 以下のサポートが終了

System Requirements
Windows
Updated minimum browser versions: AOL 10.1, Firefox 3.5, Firefox 4, Internet Explorer 8, Opera 11

ブラウザ・サポートが IE8 からになっています。
日本でのIE 7使用率が3割を超えていることを考えるとかなり大胆な印象です。

最新 Flash Player の登場で IE のバージョンアップを促進、なんてことがおこるのでしょうか。

Mac PowerPCのサポートが終了
しょうがないよねぇ、もういいでしょ。

OS X での自動更新通知
原文:== Auto-Update notification for Mac OS ==
OS Xのソフトウェア・アップデートにでるってこと、なのかなぁ?
それともAdobeのソフトウェア・アップデートに表示されるってことなんかなぁ?

Flash Playerのアップデートにはセキュリティ・アップデートが含まれていることが多いので最新Playerを使うことは必須です。
残念ながら現実は多くの人がマシン購入時にインストールされているPlayerを使い続けてることが多いようです。

これで最新Playerの普及が進むのなら嬉しい限りです。

【感想】
過去の遺産と決別をしたのは大きなポイントになると思います。
無駄(?)な下位互換をせずに済むのであれば、本体コードは身軽になり将来の機能追加の自由度が高くなるはずです。

kamijo氏のブログが詳しい
Flash Player 10.3 Android 版とデスクトップ版の公開

Adobe : Flash Player features

コメントを残す

必須欄は * がついています